お知らせ

トップ / お知らせ

「築地魚河岸」での写真展が会期延長になりました

築地場外市場の新施設「築地魚河岸」での本橋成一写真展『築地魚河岸ひとの町』、会期が延長されました。
この機会にぜひみなさまご覧ください。

会期:2月28日まで
休市日:1月29日/2月1・5・11・12・15・19・22・26日

会場:「築地魚河岸」(11/19 開業の商業施設)
中央区築地6 丁目26-1 小田原橋棟内・1 階店舗施設内
営業時間:午前7時から午後2時

http://www.tsukiji.or.jp/forbiz/uogashi/

築地場外市場で写真展「築地魚河岸ひとの町」が開催!

本橋成一が1984 年から、東京・築地市場を15 年に渡り記録したシリーズ「築地魚河岸ひとの町」。撮影の舞台のひとつである「築地場外市場」において、写真展が2つの会場で開催されます。

どちらも小規模ではありますが、独自の空間性をもつ会場です。「築地」ど真ん中の展示、市場のにぎわいを肌で感じながらお楽しみいただけるのではないでしょうか。みなさま、ぜひお立ち寄りください!

* * * * * *

 
「本橋成一写真展 築地魚河岸ひとの町」

会場 (1)
「築地魚河岸」(11/19 開業の商業施設)
中央区築地6 丁目26-1 小田原橋棟内・1 階店舗施設内
会期:11 月19 日(土)〜2017 年1 月31 日(火)2月28日(火)まで
営業時間:午前7時から午後2時
定休日:築地市場に準ずる
11月20日、23日、27日
12月4日、7日、11日、18日、23日、31日
2017年1月1〜4日、8日、9日、15日、18日、22日、25日、29日
2月1・5・11・12・15・19・22・26日

◉築地公設市場に隣接する中央区の商業施設「築地魚河岸」(11/19 プレオープン)は、仲卸業者約60店が集まる商業施設です。写真展の会場は店舗、まさに市場内での展示です。

会場 (2)
築地メリーキャブ
中央区築地6 丁目23-12 秋本ビル2F
会期:12 月10 日(土)〜12 月23 日(金)
営業時間:午前11時から午後5時
会期中無休
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/what-we-do/support/program/16673/
◉会場は本作品撮影当時から変わらない、築地ならではの趣あるビルの2階です。こちらの会場ではバライタプリントを中心に展示予定です。

スクリーンショット 2016-11-09 2016-11-09(水) 20.13.png

丸木美術館開館50周年記念2017年カレンダー販売!

来年の丸木美術館カレンダーは本橋成一が1980年代に撮影した、丸木夫妻や美術館のカラー作品が採用されました。
デザインは伊勢功治さんにお願いし、美しいUV印刷で仕上がりました。

原爆の図丸木美術館(埼玉・東松山)やポレポレ坐(東京・東中野)で好評販売中です。
一部800円(税・送料込)。

通信販売ご希望の方はポレポレタイムス社まで、ご注文ください。
商品とお振込用紙を同封し、順次発送いたします。

ポレポレタイムス社
電話:03-3227-1405 FAX:03-3227-1406 MAIL:shop@polepoletimes.jp

IMG_0177.JPG

写真集「築地魚河岸ひとの町」が刊行!

 本橋成一が1980年代初頭から、東京・築地市場に生きる人びとの姿とその風景を記録した写真集『築地魚河岸ひとの町』。このたび、朝日新聞出版社から10月20日より発売されます。

 マグロのセリ、仲卸業者、場外商店のにぎわいと商い、雪の積もる海幸橋...。築地で働く人びとの真剣な眼差しやひと息つく時間など、築地の町の息遣いが15年間に渡り鮮やかに記録されています。それは、「ここはいまの日本では残り少ない人間が棲める町である。」と作家自身が回顧した"人間らしさ"の残る築地の姿でした。いま、大きく変わろうとしている築地が積み重ねてきた伝統と文化の一端を示す1冊です。
 なお本書は、本書は日本語がオリジナル言語、日本語と英語のバイリンガル仕様となります。

【テキスト】平松洋子(エッセイスト)

uogashi.jpg
ブックデザイン:伊勢功治
サイズ:B5判、257×182mm
頁:256頁、ソフトカバー
言語:日英バイリンガル
発行・発売:朝日新聞出版
ISBN:978-4-02-331544-0
価格:本体 3,200円+税

写真展「築地魚河岸ひとの町」東海道かわさき宿交流館にて

1980年初頭から、東京・築地市場に生きる人びとの姿とその風景を、本橋成一が捉えたシリーズ。
魚河岸に残る人間味に惹かれて、足繁く通った本橋が見つめてきた築地。マグロの競り、仲卸業者、場外のにぎわい、雪の積もる海幸橋。築地で働く人たちの真剣な眼差しやひと息つく時間など、築地に集まる人々の息遣いを鮮やかに捉える。場内市場の移転問題で、一層注目されている築地市場。「ここはいまの日本では残り少ない人間が棲める町である。」と作家自身が回顧した築地の姿。
様々な人たちが交差し、小さなドラマがたくさん生まれる築地は、多くの人が訪れ、長く人に愛されてきた宿場町の姿と重なります。
モノクロ作品約30点を展示します。ぜひご覧ください。

本橋成一写真展「築地魚河岸ひとの町」
会期:2016年9月30日[金]--10月30日[日]
休館日:月曜 ただし10月10日(月)開館、10月11日(火)休館 
開館時間:9:00~17:00
会場:東海道かわさき宿交流館(3F展示室)

【関連イベント】
スライドトーク「築地魚河岸ひとの町」
本橋が撮影当時の築地とそこに生きる人びとについて語り、築地の人たちと今も交流のある本橋成一が当時を振り返る。
入場無料、事前申し込み不要。

日時:9月30日(金)14:00〜16:00 
会場:同交流館4階集会室

http://kawasakishuku.jp/15_event/index.html
kawasaki-maingray小2.jpg


page top