お知らせ

トップ / お知らせ / 2016年5月

青森県立美術館にて「上野駅の幕間 そして、青函連絡船」

 本展は本橋成一が1980年から東北新幹線が開通する前の上野駅に通い、そこに集い、行き交うさまざまな人間模様を撮影した写真展です。また、1987年から青森・函館間を結んだ青函連絡船のシリーズも同時に展示されます。
 2016年北海道新幹線が開通し、ひととひと・ひとを場所をつなぐ列車と駅の役割が再び注目されています。1979年から取り組まれたこれらの作品郡には、青森―東京を結ぶ列車と海を航る連絡船が記録されています。いま改めてこれらの作品を振り返ると「人と人の交差点」としての列車と駅を再発見します。移動手段としての役割に加え、【集団就職】【出稼ぎ】【行楽】【帰省】など、列車と駅は乗客ひとりひとりの人生の節目を飾る幕間となっていたのです。
 本展では、青森発着の列車に集う人びとをはじめ、青函連絡船の船内等、青森ゆかりの作品が多数展示されます。ぜひ、ご覧ください!

本橋成一写真展「上野駅の幕間 そして、青函連絡船」
会期:2016年6月29日[水]--7月17日[日] ※7月11日は休館
開館時間:9:00~18:00(入館は17:30まで)
入場料:500円(前売400円、小学生以下および身障者は無料)
会場:青森県立美術館 コミュニティギャラリー
http://www.aomori-museum.jp/ja/

http://www.aomori-museum.jp/ja/schedule/info/external/exhibition/843
主催:「上野駅の幕間」実行委員会 共催:青森県立美術館
協力:キヤノンマーケティングジャパン株式会社/株式会社 東京オデッセイ/公益財団法人 全国友の会振興財団 後援:青森県写真連盟/東奥日報/株式会社 青森テレビ/青森放送株式会社/医療法人 蛍慈会/株式会社 白鳥プロパン/青森友の会

問い合わせ先:「上野駅の幕間」実行委員会事務局(ポレポレタイムス社内) TEL:03-3227-1405 FAX:03-3227-1406 MAIL:info@polepoletimes.jp

青函チラシ表hp用.jpg

青函チラシ裏519.jpg

写真集「在り処(ありか)」が刊行!

 IZU PHOTO MUSEUMで開催中の展覧会「本橋成一 在り処」の作品に10点余を追加し、全9シリーズ262点を収録した同名書籍が刊行されます。
 本書は、初期の未発表作「雄冬」「与論」、代表作「炭鉱〈ヤマ〉」「上野駅」「屠場〈とば〉」「藝能東西」「サーカス」「チェルノブイリ」、最新作の「アラヤシキ」までの、9シリーズ・262点を一堂に会する初の写真集となります。ぜひご覧ください!

【テキスト】椹木野衣(美術評論家)・岡野晃子(IZU PHOTO MUSEUM館長)・森陽子(IZU PHOTO MUSEUM学芸員)

arika.jpg

ブックデザイン:伊勢功治
編集:森 陽子
収録作品数:262点
サイズ:B5判、257×182mm
頁:368頁、ソフトカバー
言語:日英バイリンガル
発行:IZU PHOTO MUSEUM
発売:NOHARA
刊行日:2016年6月1日
ISBN:978-4-904257-35-7
価格:本体 3,000円+税


お求めは、ポレポレショップクレマチスの丘オンライン NOHARA BOOKSamazon、等。

ご予約・お問い合わせはポレポレタイムス社まで
TEL:03-3227-1405
FAX:03-3227-1406
MAIL:info@polepoletimes.jp


page top