お知らせ

トップ / お知らせ / 2011年5月

大阪にて本橋成一写真展「屠場〈とば〉」

日時:2011年6月21日(火)〜8月28日(日)
会場:リバティおおさか ガイダンスルーム2
開館時間:午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで)
休館:6/24、/27
   7/4、/11、/19、/22、/25
   8/1、/8、/15、/22、/26
入館料:大人250円 大高生150円
※小中学生以下、65歳以上、障害者(介助者含む)は無料
※20名様以上は団体割引あり
主催:大阪人権博物館/あとりえ西濱

屠場ーそこは、私たちの日常生活と深く関わっている食肉生産の現場です。
精肉や内臓など、私たちの食卓をいろどる肉の数々は、屠場での労働を通して加工されます。
かつて大阪の中部に位置していた松原市立屠畜場での作業に、カメラを向けた一人の写真家がいました。
本橋成一です。本橋はレンズを通して、屠場で働く人びとの眼差しや細かな技を記録し続けました。
本展は、1970〜80年代の屠場で、生き物の命に向きあう人びとの姿を通して、
食文化の大切さと差別問題について考えようとするものです。

【関連企画】
シンポジウム「屠場の記憶と記録」
7月23日(土)13:00〜16:00
鎌田慧(ルポライター)本橋成一(写真家)

映画「人間の街」上映
8月20日(土)14:00〜16:00
会場:リバティホール(リバティおおさか内)〈当日先着順〉

八重洲ブックセンター・本店にて「屠場〈とば〉」パネル展

八重洲ブックセンター本店の4階社会・人文書売場にて、写真集「屠場」よりパネル展を開催しています。

■期間:2011年6月23日(木)までを予定
■会場:八重洲ブックセンター本店(4階社会・人文書売場)
■住所:〒104-8456 東京都中央区八重洲2-5-1
■電話:03-3281-8204
■営業時間:平日11:00〜20:00、土・日・祝日11:00〜19:00

八重洲ブックセンターの詳細はこちら

神保町・東京堂ふくろう店にて「屠場〈とば〉」パネル展

東京堂ふくろう店さんのショーウィンドウ内に、本橋成一「屠場屠場〈とば〉」の写真を数点ではありますが展示中です。

■期間:2011年6月15日(水)まで
■会場:東京堂ふくろう店(ショーウィンドウ内)
■住所:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1丁目1番地
■営業時間:10:00〜20:00

tokyodo.jpg

東京堂の詳細はこちら

丸木美術館「チェルノブイリから見えるもの」展に参加

丸木美術館にて開催中の「チェルノブイリから見えるもの」展に本橋成一も参加しています。画家・貝原浩『風しもの村 チェルノブイリスケッチ』を中心に写真家の広河隆一さん、本橋成一の作品が並んでいます。ぜひご覧下さい。

※なお、5月15日(日)午後2時からトークを行います。

【丸木美術館の詳細情報】
会期:5月3日(火・祝)〜6月25日(土) ※会期が延長になりました。
開館時間:午前9時〜午後5時
休館日:毎週月曜日(祝日にあたる場合は翌平日)
住所:埼玉県東松山市下唐子1401
電話:0493-22-3266

詳細はこちら→http://www.aya.or.jp/~marukimsn/index.htm


page top