お知らせ

トップ / お知らせ / 企画展「サーカス博覧会」原爆の図丸木美術館に参加

企画展「サーカス博覧会」原爆の図丸木美術館に参加

 原爆の図丸木美術館(埼玉県東松山市)で開催される企画展「サーカス博覧会」に本橋成一の作品「サーカスが来る日」が展示されます。ぜひご覧ください。

〈展示概要〉
日本の近代サーカスの始まりは、軽業集団・曲馬団の⼀座が江戸時代末期に来日した外国サーカスの影響を受け形づくられたものです。軽業、足芸、曲馬(馬芝居)といった日本の伝統芸能を残しながら、日本独自のサーカス文化が花開き、またその文化は海を越えて朝鮮半島にも及びました。 
本展では、近年のサーカスや見世物小屋を彩った絵看板やポスターなどの貴重な実物資料、記録映像などを多数展示。また、サーカスに惹かれ、その内外の姿をみつめた画家や絵本作家、写真家の作品も多数ご紹介いたします。サーカス創成期から集められたおよそ110点の作品をご覧いただき、その妖しくも豊かな世界をご体感ください。

主催:サーカス博覧会実行委員会(原爆の図丸木美術館、ポレポレタイムス社、新宿書房)
協力:鵜飼正樹(見世物学会会長、京都文教大学教授)、上島敏昭(大道芸、浅草雑芸団)、都築響一(写真家、編集者、ジャーナリスト)、林史樹(文化人類学者、神田外語大学教授)、見世物学会、浅草雑芸団、丸山工芸社

会場:原爆の図丸木美術館
〒355-0076 埼玉県東松山市下唐子1401
電話:0493-22-3266

会期:2019年4月2日(火)~2019年5月26日(日)

●講演「⽯丸謙⼆郎の語るサーカス」
 4月21日(日) 午後2時
 出演:⽯丸謙⼆郎(俳優)ほか 
 会場:原爆の図丸⽊美術館 ■参加自由(当日の入館券が必要です)

●大道芸
 5月18日(土)午後1時
 出演:上島敏昭(浅草雑芸団)
 会場:原爆の図丸⽊美術館 ■料⾦:投げ銭

●ギャラリートーク
 5月18日(土)午後2時
 出演:都築響⼀(写真家、編集者、ジャーナリスト)
 会場:原爆の図丸⽊美術館 ■参加自由(当日の入館券が必要です)

http://www.aya.or.jp/~marukimsn/

topix_20190315-1.jpg
topix_20190315-2.jpg


page top